Rマーク・TMマークについて


商標に関連して、®(Rマーク)とか、TMマークを見たり、聞いたりすることがあると思います。
まず、語彙(ごい)として一般的にどう解説されているのか、という見方をすれば、
英和辞典によれば、編集者により若干の相違はありますが、大方、
®(Rマーク)はregistered trademark を記号化したもので、登録商標を意味する、と
解説され、TMマークはtrademarkを略した文字で、商標又は登録商標を意味すると解説されています。
次に国語辞典によれば、編集者により若干の相違はありますが、
大方、®(Rマーク)の解説は見当たりませんが、外来語としてのトレードマークは、
(1)登録商標(登録した会社が専用する標識)又は商標、(2)人を際立たせるよい特徴、と
解説されています。

次に日本国の商標制度の中で、どう位置付けされ、又は意味付けされているのか、を
見ていきましょう。
商標法第七十三条では、登録を受けた商標を商品に付したり、役務に表示したりする際に、
その商標が登録を受けたものである旨を表明するべく、「登録商標」の文字を付するように
務めなければならない、と努力義務を定めています。
これは商標権の対象となっていることを表明するばかりではなく、第三者に対してその商標権を侵害しないように警告する意味を持ちます。
また、逆の観点からは、登録を受けてもいない商標に「登録商標」の文字を付すことは、
虚偽表示として禁止され、これに違反すれば罰金又は懲役の刑罰の対象となります。
このように日本国の商標制度の中では、®(Rマーク) やTMマークについては何も定めてはいません。つまり、日本国においては、®(Rマーク) やTMマークは法律上の権利や義務に係る意味はありません。
あってもいいし、なくてもいいというものです。

実際の商品や役務の商標の標示に附随して、「登録商標」の文字や、「○○の登録商標です」という文面を見かけることはあまりありませんが、これは商標制度の中で努力義務であることと、実用面でも、漢字は視覚に訴える力が強いため、商標そのものの視覚に対する効果を減じる場合が多いためと思われます。


次に、米国の商標制度の中で、どう位置付けされ、又は意味付けされているのか、を
見ていきましょう。米国商標法第29条では、
「Registered inU.S. Patent and Trademark Office 」、「Reg. U.S. Pat. & Tm. Off. 」の
文面又は®(Rマーク) を標章に表示することによってその標章が登録されている旨の告知をすることができる。そのような登録告知をしなかった登録人による侵害訴訟においては、損害賠償の請求ができない場合がある、として商標権の権利行使をできるようにしたければ、
指定文面又はRマークを表示しなければなりません。

こうして米国の商標制度の中では、Rマークは商標権を告知するものとして、明確に位置付けされています。具体的には米国で流通する商品には、ほぼ必ずRマークなどが表示されるので、
全く同じ商品がそのまま日本で流通されることでRマークを見かけることがあることになります。
逆に、米国で流通させる可能性がある商品に不用意にRマークを表示すると、
米国の商標登録を受けていない場合には、日本と同様の制度で、
虚偽表示の刑罰を問われることになりますので、注意が必要です。

なお、米国の商標制度の中でもTMマークについては何も定めてはいませんので、日本の制度と同様にあってもいいし、なくてもいいというものです。
ただ、日本と異なり米国内では、英語のTMが一般的に何を意味するのかは、理解されていることを考えれば、TMマークは、登録はされていないが、商標であることを第三者に知らせる役割はあると思われます。