商標登録の必要性


商標登録することによって、その商標を使用することについて、
独占排他的な権利を法律上得ることができることを、「商標とは」の説明でご理解いただけたと思います。
ここでは、商標登録することが必要なのか、独占排他的な権利を得る必要があるのか、について考えてみましょう。

まず、あなたが使いたいと思う商品や役務に、あなたが使いたいと思うしるしやマークは、
あなたが商標登録をしなければ使うことができないのか、という問題ですが、大きく分けて二つのケースが考えられます。
一つのケースは、他人が既に、その商品や役務に、そのしるしやマークを使う権利を持っているか、出願をしていれば、あなたはそれを使うことはできません。
このケースでは、他人が持っている権利の類似の範囲でもあなたは使うことができません。
類似の範囲とは、商品や役務が同じか類似していて、かつしるしやマークも同じか類似している範囲のことをいいます。
使うことができない範囲を類似の範囲にまで広げる、という考え方は、商品や役務が似ているものであり、かつ、しるしやマークも似ているものである場合には、自他の識別がむずかしくなり、商標の保護の目的が損なわれるということからご理解いただけると思います。

もう一つのケースは、他人がまだ権利を持っていないし、まだ出願もしていなければ、
あなたはそれを使うことができます。
使うことができるのであれば、特別に商標登録して権利化をする必要がない、と考えることもできます。
しかし、この場合には、あなたが使用することにより、あなたの商標があなたのものとして需要者に広く認識される状態にならないと、他人が後から出願をしてその商標を使う権利を、類似の範囲の権利を取得できる可能性があります。
そうすると、あなたの商標をあなたが使えなくなる可能性が生じるのです。
その権利者が、使用することによって、あなたのものより先に需要者の信用が蓄積され、誰もが知るようになればなるほど、混同の可能性が高まり、あなたが使えなくなる可能性が高くなります。
あなたの商標があなたのものとして需要者に広く認識される状態になるには、通常時間がかかることですから、あなたの商標を有効に将来にもわたって使い続けようとする場合には、使い始める早い段階で、又は使い始める前から、出願して権利化に向けて商標登録の手続きを始めることが望ましいのです。

商標登録を受けるための、手続きや納付する手数料などについては、「商標登録とは」の説明で、おおよそのことはご理解いただけたと思います。

では次に、その商標登録によってどんなメリットがあるのか、どんな権利を得ることができるのか、ということを見ていき、商標登録の必要性をご理解いただきたいと思います。

まず、出願するだけで、登録前の金銭的請求権というものが生じます。
これは、一定の警告の後、商標登録を受ける前に損失が生じているのであれば、
それに相当する金銭の支払いを請求することができる権利です。
出願した商標を使用した他人に対して、出願内容を記載した書面で警告した後、
なおその商標を使用していれば、商標登録を受けた後に、この請求権の行使ができます。
これは、あくまでも審査を経て商標登録を受けた場合にのみ行使できるという制約に注意が必要です。

次に、商標登録を受けた後は、指定した商品や役務にその商標を使うことについて、
さらに、類似した商品や役務に類似した商標について、
独占排他的という非常に強力な権利を生じます。
独占排他的な権利ということですから、
他人がその商標を、又は類似している範囲を使用していれば、権利を侵害している、
又は侵害するおそれがあるとして、その他人の行為を差し止めることを請求することができます。
また、他人がその商標を、又は類似している範囲を使用して、権利を侵害していれば、
過失が推定され、その他人に損害の賠償を請求することができます。
さらに権利を侵害する他人や法人は、権利者などによる告訴がなくても公訴され、
懲役や罰金に処され、併科されます。

特許庁の手続きは先願主義のもと、もし他人が先に出願すると、それと同じか類似の範囲の商標を出願しても、「商標登録とは」の説明にあった、商標の具体的要件「他の人の商品やサービスと混同を生じないこと」の違反となり、商標登録を受けることはできません。
また、出願しなくても、前述のとおり、こうして商標登録を受けることによって非常に強力な権利を得ることができるわけですから、他人により権利化されると、その後であなたが使える範囲は、非常に制限されることが考えられます。

以上により、あなたの商標を有効に将来にもわたって使い続けようとする場合には、使い始める早い段階で、又は使い始める前から、出願して権利化に向けて商標登録の手続きを始めることが望ましいことをご理解いただきたいと思います。
更に詳しくは、ご遠慮なくお訪ねください。