指定商品・指定役務とは


あなたの商標を保護してもらおうとするには、商標登録を受けることが必要であることを、
「商標登録とは」でご理解をいただけたと、思います。
そして、願書には、その商標を使用しようとする商品又はサービスを記載して、これを特許庁に提出して、商標登録出願の手続をすることが必要であることを、ご理解いただけたと、思います。
この願書にあなたが記載した、商品やサービスが、指定商品や指定役務です。
その商標を何に使用しようとするのかを、あなたが指定することになります。
なお、商標法の法文上や手続上はちょっと堅苦しい感じの「役務」という用語を用いていますが、経済活動としてのサービスという用語と意味するところは同じです。

では、実際にどんな商品やサービスが出願人により指定されているのか、公示されている商標公報から自動車部品メーカと外食産業の例を見てみましょう。









業種が異なれば、商標を使用する対象に全く異なるものを指定し、業種が同じであれば、商標を使用する対象に同じようなものを指定していることがわかります。商標登録を受けた権利者は、こうして指定したものに限定して、それらに使用することが独占排他的に認められているのです。

「商標とは」で、商標をどう使うかということが、ちょっとややこしいのですが重要ですと、説明した一つが、この何に使うかという指定商品・指定役務です。
更に詳しくは、ご遠慮なくお訪ねください。