商標の類似範囲


商標の登録要件の中で、特に不登録事由になるものを、「・・・と同一又は類似の商標」という表現が繰り返し使われていることにお気づきのことと思います。この表現は、商標の登録の場面に限らず、商標権の権利範囲を示す場合にも重要な表現ですので、ここで改めて、商標権の類似範囲と商標の類似について説明します。

 

商標権と同一の範囲は、商標法第二十五条により、商標権者が専有します。右図のように、その外側に類似の範囲があると考えられます。

商標は文字や図形を通じて、人間の視覚に訴えて、そのはたらきが生じるものですから、商標が同一でなくても、類似していれば、同じようなはたらきを生じることも考えられ、商標法第三十七条第一号により、他人が使うと侵害とみなされ、他人の使用は禁止されます。さらにこの外側に、右図のように、他人が自由に使える非類似の範囲があると考えられます。

では、商標を指定された商品や役務に使うという、商標権の同一範囲とか類似範囲はどういう見方をして判断されるのでしょうか。商標権を構成する商標そのものと、それを使う商品や役務によって、商標そのもの同士が同一であり、それを使う商品や役務同士も同一であれば、商標権は同一とされ、商標権者により専有されます。次に、商標そのもの同士が類似であれば、又は、商品や役務同士が類似であれば、商標権は類似とされ、他人が使用することは禁止されます。さらに、商標そのもの同士が非類似であれば、又は、商品や役務同士が非類似であれば、商標権は非類似とされ、商標権の効力は及びません。これを星取り表にすれば、下表のようになります。


注:×は商標権が及びません。

では、次に商標そのもの類否の判断はどうされるのか、を見ていきましょう。
商標そのものの類否の判断は、商標の有する外観、称呼及び観念のそれぞれの判断要素を総合的に考察しなければならない、とされます。さらに、需要者層(その業種の専門家なのか、老人なのか、子供なのかなどの違い)のその商品や役務に対する注意力なども基準として判断しなければならない、とされます。

例1:振り仮名を付した文字商標
文字「紅梅」は、「ベニウメ」と上部に振り仮名を付しても、自然の呼称「コウバイ」を生じるので、商標「紅梅」や振り仮名「コウバイ」を付した商標「紅梅」と呼称が同じとされます。

例2:形容詞的文字
商標「スーパーライオン」は、原則として形容詞的文字「スーパー」を除いた部分「ライオン」と比較され、同一であれば、商標「ライオン」と類似とされます。

例3:文字の大きさを変えている場合
商標「サンムーン」は、原則として大きさの異なるそれぞれの部分と比較され、同一であれば、商標「サン」とも「ムーン」とも類似とされます。

例4:需要者に広く認識された他人の登録された商標を含む場合
登録商標「SONY」は広く認識されているので、「SONYLINE」や「SONY LINE」や「SONY/LINE」は登録商標「SONY」と類似とされます。

ただし、既成の語の一部となっている場合は非類似とされます。既成の語「アルバイト」は広く認識された登録商標「ALBA/アルバ」とは非類似とされ、既成の語(人名)「TOSHIHIKO」は広く認識された登録商標「IHI」とは非類似とされます。


では、終わりに指定する商品の類否の判断はどうされるのか、を見ていきましょう。
商品の類否を判断するに際しては、次の基準を総合的に考慮するとされ、原則として、特許庁の類似商品・役務審査基準によるものとされます。また、商標法第六条第三項では、指定商品や指定役務の区分は、類否を定めるものではないことが念押しされています。
その考慮されるべき基準は、比べる二つの商品の生産部門や、販売部門や、原材料及び品質や、用途や、需要者の範囲などが一致するかどうか、完成品と部品との関係にあるかどうか、が基準とされています。
詳しくは、ご遠慮なくお尋ねください。